ここから本文です

ラグビー日本、無観客試合になる? W杯組織委が会見へ

10/10(木) 10:27配信

朝日新聞デジタル

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の試合開催に台風19号が影響を与える可能性が高まり、主催する国際統括機関「ワールドラグビー」(WR)と大会組織委員会は12、13日に開催予定の7試合の一部について、代替会場での無観客試合を検討している。10日に記者会見を開き、対応を発表する。

 13日の日本―スコットランド(横浜)など7試合は各チームの1次リーグ最終戦。複数の関係者によると、その中で台風が直撃する可能性のある12日のニュージーランド―イタリア(愛知・豊田)、イングランド―フランス(横浜)などについて会場変更が検討されている。

 WRなどは安全な運営を最優先とした上で、できるだけ試合を中止しない方向で検討してきた。代替会場には準々決勝の舞台となる大分スポーツ公園総合競技場が候補に挙がっている。

 ただ、準備期間が極端に短く、チームの移動や宿泊、警備など課題は多い。WRと組織委は台風などの事態に備えて保険に加入しており、保険会社の協力を得てチケットの払い戻しなどを進める方向。

 試合中止の場合、規定で引き分けとなり両チームに勝ち点2が与えられる。12日にはアイルランド―サモア(福岡)、13日にはナミビア―カナダ(岩手・釜石)、米国―トンガ(大阪)、ウェールズ―ウルグアイ(熊本)も予定されている。

朝日新聞社

最終更新:10/10(木) 10:27
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事