ここから本文です

ラグビーW杯、2試合中止を決定 日本戦は13日判断

10/10(木) 12:09配信

朝日新聞デジタル

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会は10日、東京都内で記者会見を開き、台風19号に備えて、12日の3試合のうち、ニュージーランド―イタリア(愛知・豊田)、イングランド―フランス(横浜)の2試合を中止すると発表した。安全を第一に考えたという。過去8回のW杯で中止は初めて。残る1試合の日本と同じA組、アイルランド―サモア(福岡)は予定通り行う。

 国際統括団体「ワールドラグビー」(WR)と組織委は台風などの事態に備えて保険に加入しており、保険会社の協力を得てチケットの払い戻しなどを進める。試合は規定により延期ではなく引き分け扱いとなり、ニュージーランドは決勝トーナメント進出、イタリアは1次リーグ敗退が決まった。イングランドとフランスはすでに1次リーグ突破が決まっている。

 また、13日の日本―スコットランド(横浜)など4試合については行う予定だが、台風の影響をみて当日朝に可否を判断すると発表した。日本戦が中止の場合、日本は初の決勝トーナメント進出が決まる。

 組織委は12日の2試合について会場を変更したうえで、無観客で行うことなどを検討していた。しかし準備期間が極端に短く、チームの移動や宿泊、警備など課題が多く、1次リーグに関しては試合中止の規定もあったため、今回の判断となった。アラン・ギルピン大会統括責任者は「リスクが広範すぎて、すべてのチームを平等にすることができなかった。安全第一に考えた」と話した。(野村周平)

朝日新聞社

最終更新:10/10(木) 16:02
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事