ここから本文です

ラグビー、日本-スコットランドも予断許さず「できないということであれば…」

10/10(木) 13:00配信

デイリースポーツ

 ラグビーW杯2019組織委員会と、国際統括団体のワールドラグビーは10日、都内で会見を開き12日に開催される「ニュージーランド-イタリア」(豊田市、豊田スタジアム)と、「イングランド-フランス」(横浜市、日産スタジアム)の2試合を中止すると発表した。13日の「日本-スコットランド」(横浜市、日産スタジアム)については現時点では開催する方向で動いているというが、予断は許さない状況だ。

【写真】アイルランドサポーターとの思わぬ国際交流…電車内で原稿執筆中に遭遇

 組織委員会の嶋津昭事務総長は「原則はキックオフ6時間前までに状況を明らかに(して)、試合をやるかやらないか決めると、そういうのがルールとしてあります」と説明した上で、「できるだけ早い日曜日の朝に」開催の可否を発表したいとしている。

 ただ、A組の準々決勝進出チーム決定戦になる見込みの「日本-スコットランド」といえども、もしも試合開催ができない状況になれば、中止もやむを得ないとしている。

 統括責任者のアラン・ギルピン氏は、イタリアもニュージーランド戦に準々決勝進出の可能性を残していながら中止となったことを例示しつつ「公平に扱う必要があります」と明言。日本の組織委員会、開催都市などと協議し、「すべての手だてをうって、実施できるようにしたい」との希望は見せたが、「できないということであれば、他の試合と同様に開催できないという判断にならざるを得ません」と語った。

 また、ギルピン氏は13日の試合すべてに対して「遅らせることで試合が開催できるのかということについては検討したいと思っています」と試合開始時刻を遅らせることも選択肢から排除しなかった。

 13日の試合は日本-スコットランドが午後7時45分開始予定。その他の試合予定は以下の通り。

 ナミビア-カナダ(午後0時15分開始予定、釜石鵜住居復興スタジアム)

 米国-トンガ(午後2時45分、花園ラグビー場)

 ウェールズ-ウルグアイ(午後5時15分、えがお健康スタジアム)

 また、12日の「アイルランド-サモア」(レベルファイブスタジアム)は開催地が福岡市で台風の影響が少ないと判断し、予定通り実施する方針だ。

最終更新:10/10(木) 18:54
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事