ここから本文です

【楽天】平石監督退任…「来年の監督のオファーはないと」 石井GMと面談

10/10(木) 15:17配信

スポーツ報知

 楽天・平石洋介監督(39)は10日、仙台市内の球団事務所で報道陣の取材に応じ、今季限りで監督を退任することを明かした。この日は球団事務所で午後1時過ぎから約1時間半、石井一久GM(46)と会談を行った。平石監督は「来年の監督のオファーはないと(GMから説明を受けた)。違うポジションのオファーはありましたけど」と淡々とした口調で語った。

 平石監督は最下位に終わった昨季途中から監督代行を務めた。今季は1年契約で、松坂世代では初めて監督に就任。開幕直後は則本昂、岸の2枚看板が離脱する苦しい状況ながら、昨年まで育成だった石橋を先発に転向させるなど、若手を積極的に起用。6月中旬には、貯金10で首位に立った。チームは3位で、CS進出を果たすも同第1Sでソフトバンクに1勝2敗で敗退。「想定はしていました。1年契約ですからね。判断、評価は人がすることなので。(評価については)僕からも(石井GMに)聞きました」と語った。

 松坂世代で初の青年監督が、たった1年でタクトを置くことになった。「指導者のオファーをもらってから、なんとか選手がいい方向に向くために、チームがいい方向に向かうためにやってきた。それだけを思ってやってきた。それが、どれだけサポートできたかは分からない。監督は重要なポジション。覚悟を持って引き受けた気持ちでいますのでね。前にも言いましたけど、どの世界でも人が評価すること。それに関して、どうのこうのはないですね。来年のことを考えてやったことはない」と話していた。

最終更新:10/10(木) 15:25
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事