ここから本文です

巨人連勝で日本S王手!走攻守で圧倒 亀井&坂本重盗で揺さぶり 阪神の突破率0%に…

10/10(木) 20:47配信

デイリースポーツ

 「セCSファイナルS・第2戦、巨人6-0阪神」(10日、東京ドーム)

 巨人が走攻守で阪神を圧倒。アドバンテージを含めて3勝0敗とし、6年ぶりの日本シリーズ進出に王手をかけた。

【写真】ベテランが執念のプレー ヘッスラで二塁陥れた亀井

 王者の力を見せつけた。一回に亀井、坂本勇の連打で好機を作り、丸の遊ゴロ併殺の間に先制。四回にはゲレーロの1号2ランで完全に主導権を握った。

 圧巻は五回。1死から亀井の二塁打、坂本勇の四球で一、二塁。丸の打席の初球に意表を突くダブルスチールを成功させ、好機を拡大した。ここで丸が左犠飛。岡本も適時打で5-0とし、阪神を突き放した。九回は代打・阿部の安打から、若林の適時打でダメ押しした。

 先発メルセデスも期待にこたえた。好相性の阪神を相手に、7回3安打無失点の快投。無四球と制球が安定し、課題のスタミナが切れることなく、七回を投げ切った。

 阪神は2戦連続で完敗を喫し、崖っぷち。過去、アドバンテージを含めて0勝3敗から勝ち上がったチームはなく、突破率0%の厳しい状況に追い込まれた。

最終更新:10/11(金) 11:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事