ここから本文です

高杉真宙と佐野岳が再共演で「いいとこ見せたかった」、変わらない部分にはほっこり

10/10(木) 21:22配信

映画ナタリー

「超・少年探偵団NEO -Beginning-」の完成披露上映会が本日10月10日、東京・新宿バルト9で行われ、キャストの高杉真宙、佐野岳、堀田真由、長村航希、板垣瑞生(M!LK)、監督の芦塚慎太郎が登壇した。

【動画】「超・少年探偵団NEO -Beginning-」第2弾予告編(メディアギャラリー他20件)

江戸川乱歩の小説「少年探偵団」シリーズを原案とした本作では、小林少年のひ孫・小林芳狼や明智小五郎のひ孫・明智小夜らが、学園七不思議の怪事件に遭遇しながら自身の宿命と向き合っていくさまが描かれる。本日キャスト陣は劇中衣装の制服姿で登壇。最年長の佐野が「どうでした?」と観客に尋ねると、客席からパラパラと「似合ってた!」と励ますような声援が聞こえる。「そういうことだよ!」と嘆く佐野に、共演者たちは笑いながらも「全然大丈夫!」とフォローを入れていた。

芳狼役の高杉と、彼の親友ワタリ役の佐野は「仮面ライダー鎧武 / ガイム」以来の共演。高杉は「『ワタリ役は佐野岳さん』って聞いたとき、何かいいところ見せたいなって。現場に行くとさすがの岳くんで。安心感があるし兄貴って感じで……」と久々の共演を振り返り、照れくさそうに「次行きましょう!」と司会者を促す。佐野も「『いいところ見せたい』っていうのはあったよね。現場では顔つきも内面も成長を感じられて刺激をもらって、自分ももっとがんばろうと思えた」と高杉に伝え、「撮影前に役になりきって人狼ゲームをやるというワークショップがあったんです。高杉くんの顔を見たら人狼だってバレバレで(笑)。そういう素直で真面目なところが変わってなくて、ほっこりした思い出もあります」と笑顔で明かした。

ミステリー同好会・夢野正太郎役の板垣は、ゴーストバスターマシンを装備して登場。マイクではなくメカを持って挨拶するという小ボケを挟みつつ、舞台挨拶を盛り上げた。また歳上の長村からは「撮影中に『お前最高だな!』って言われて、その日から“板垣先輩”って呼ばせていただいております」といじられ、学生兼アイドルの小夜を演じた堀田から「アイドルの方の前でやるなんて恥ずかしかったです」と言われると「いじってる!?」とうろたえる場面も。板垣は「即興でボケてもノッてくれる方たちが多くて。映画にもそういう場面が表れてます!」と仲の良さから生まれたアドリブをアピールした。

終盤では、芦塚が「もともと原案小説の根底にもある、ちょっとした荒唐無稽さも『いいよね』と思いながら、そういう世界観を意識して作りました」と本作について語る。高杉は「学校みたいにワイワイ仲良く撮影しました。 少年探偵団の映画を観ていただき、原案小説も手に取っていただけたらうれしいです。それこそが、自分たちがやってよかったなと思えることの1つだと思います」と観客に呼びかけて舞台挨拶を締めた。

「超・少年探偵団NEO -Beginning-」は、10月25日より新宿バルト9、渋谷TOEIほか全国で順次公開。



(c)2019 PROJECT SBD-NEO

最終更新:10/10(木) 21:22
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事