ここから本文です

伊藤健太郎、玉城ティナら「惡の華」が観客に届き喜ぶ「勝ちましたねー!」

10/10(木) 21:56配信

映画ナタリー

「惡の華」の御礼舞台挨拶が本日10月10日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で開催され、キャストの伊藤健太郎と玉城ティナ、監督の井口昇が出席した。

【動画】「惡の華」予告編(メディアギャラリー他18件)

押見修造の同名マンガを原作とする「惡の華」は、内向的な文学少年・春日高男と、彼につきまとうクラスの変わり者・仲村佐和の奇妙な“共犯関係”を描く物語。春日に伊藤、仲村に玉城が扮した。

伊藤は「ちゃんとお客さんに伝わったのかなと自信につながります」と公開後の反響の大きさに触れる。地元の友人も本作を鑑賞したそうで、彼は「『教室をぐちゃぐちゃにするシーンで鳥肌が立った。もう1回行くわ』と言ってくれて。地元のやつらが俺の映画をもう1回観るのはなかなかすごいこと」と笑った。玉城も同様の言葉を友達からもらったと明かし、「いい作品に携われたなと思います」としみじみ話す。

2人の声を受けて「あらうれしい!」と顔をほころばせた井口は、「監督が僕だと発表されたときに、ネットでは『スプラッターを撮っている男で大丈夫?』という意見があったんです」と前置きをして「公開後には『まさか井口監督の作品で泣くなんて』と感想が。原作のディテールのよさを損なわずに映画にしたいと思っていたので、届いてうれしかった」と続ける。そして井口は「イケメンすぎる、美女すぎるという意見が公開後にはなくなったんです。キャストを褒められることが多くて、やったー勝った!って」と声を弾ませ、伊藤も「勝ちましたねー!」と喜びを分かち合った。

さらに井口は「『ジョーカー』のホアキン・フェニックスと『惡の華』の玉城さんを比べた意見もあるんです。すごい対決だなあと」とぽつり。その言葉に伊藤は「俺も『ジョーカー』を観に行ったときに、『惡の華』っぽいなと思った! これは日本版『ジョーカー』なんです!!」と熱弁をふるい、玉城も「私も! “そういうふうになるしかない”という感じとかね」と同調した。

終盤には、10月8日に22歳の誕生日を迎えたばかりの玉城へ、伊藤からバラの花束が手渡される場面も。玉城は「プロポーズみたい。すごい! うれしーい! 22歳もがんばろうという気持ちになりました」と感謝を伝え、「井口さん、伊藤さん。また違うところでもぜひよろしくお願いします」と別の作品での再会を願った。

「惡の華」は全国の劇場で上映中。



(c)押見修造/講談社 (c)2019映画『惡の華』製作委員会

最終更新:10/10(木) 21:56
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事