ここから本文です

高橋悠斗が日本ライトフライ級新王者 39歳の堀川謙一に判定勝ち 学生時代はプロのキックボクサー

10/10(木) 22:29配信

スポーツ報知

◆プロボクシング 日本ライトフライ級タイトルマッチ10回戦 〇挑戦者・高橋悠斗 判定 王者・堀川謙一●(10日、東京・後楽園ホール)

 日本同級4位の高橋悠斗(26)=K&W=が39歳、57戦目のベテラン・堀川謙一を2―0の判定で下し、新王者となった。

 勝者が告げられると、膝から崩れ落ちて喜びを表した高橋。レフェリーから手を挙げられると、天を仰いで喜びを示した。

 「何一つ続かなかった人間で、やめようと思ったこともあった。でも、ボクは挑戦者。命がけで前に出ました」。東京・町田市生まれ。国士舘大時代にキックボクサーになった異色のキャリアを持っている。2011年度の全日本学生フライ級選手権では優勝している。

 WBC2位、IBF5位の堀川を下し、世界ランク入りの可能性も出てきた新王者。「2年くらいかけて、世界のレベルに到達できるよう精進します」と誓っていた。

最終更新:10/11(金) 2:40
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事