ここから本文です

「大変喜ばしい」 菅長官が祝意  吉野氏のノーベル化学賞受賞

10/10(木) 12:48配信

産経新聞

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は10日午前の記者会見で、旭化成名誉フェローの吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞することが決まったことについて「大変喜ばしい」と述べ、祝意を示した。

 受賞理由となったリチウムイオン電池の開発については「携帯機器や電気自動車(EV)などに不可欠で、人々の生活に豊かさをもたらすだけでなく、温室効果ガスや排気ガスの削減など人類全体に多大な恩恵をもたらした」とその業績をたたえた。

 自然科学系3分野で日本人の受賞者が増えていることにも触れ「21世紀以降の受賞者数は18人で、米国に次いで世界第2位だ。わが国の基礎研究の水準の高さが世界で認められた」と語った。

最終更新:10/10(木) 12:48
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事