ここから本文です

日本、6発大勝! ゴールラッシュでモンゴル下す、W杯アジア2次予選

10/10(木) 21:39配信

サンケイスポーツ

 カタールW杯アジア2次予選F組(10日、日本6-0モンゴル、埼玉)国際連盟(FIFA)ランキング31位の日本と初対戦となる同183位モンゴルとの一戦は日本のゴールラッシュとなった。日本はFW永井謙佑(30)=FC東京、MF南野拓実(24)=ザルツブルク=などのゴールで前半だけで4点差。後半にはさらに2点を追加してモンゴルを下した。ゴールラッシュの立役者となったMF伊東純也(26)=ゲンク=は前半のみで圧巻の3アシストを記録した。

 試合は4-1-4-1でブロックを敷くモンゴルに日本が攻め込む展開。日本は右のMF伊東と左の中島を中心にサイドから崩しにかかった。

 日本が絶好機を迎えたのは17分、中央からペナルティーエリア左付近へ流れながらボールを受けた南野が反転しながらDFとGKの間にグラウンダークロスを供給。これに永井が飛び込んで合わせたがGKのセーブに遭った。

 試合が動いたのは22分、スルーパスから右サイドを突破した伊東が中央へクロス。これに南野が頭で合わせネットを揺らした。日本は開始からたびたび狙ってきた形で絶好調男が先制点をもたらした。

 勢いに乗った日本は29分にDF吉田、33分にはDF長友が追加点。40分にはまたもや右サイドの伊東から永井が頭で合わせゴール。伊東の大活躍もあり、日本は4点リードで前半終了。後半にもFW鎌田のゴールなどで2点を追加して6-0で大勝した。

 これにより日本は2連勝で勝ち点「6」。次戦は中4日で敵地でのタジキスタン戦(15日)となる。2次予選では各組の1位、2位の成績上位4カ国が最終予選に進出する。

最終更新:10/10(木) 22:55
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事