ここから本文です

イエス、『リレイヤー』を全曲プレイするツアー開催

10/10(木) 20:43配信

BARKS

イエスが、2020年、1974年にリリースした7枚目のスタジオ・アルバム『Relayer』をフィーチャーしたツアー<The Album Series Tour 2020>を開催することを発表した。

◆<The Album Series Tour 2020>画像

公演は2部構成となり、1部でグレイテスト・ヒッツ、2部で『Relayer』を全曲プレイするという。アラン・ホワイト(Ds)は「『Relayer』は、このバンドのレパートリーの中で最もクリエイティブで興味深い作品の1つだと確信している。演奏するのはチャレンジでもあり、非常に楽しい」と、コメントしている。

現時点、2020年5月26日から6月5日、英国で8公演を開催することが発表されており、今後、ヨーロッパでのさらなる日程が告知されるそうだ。

イエスは今年6月に北米ツアーで、『Relayer』のオープニング・トラック、21分以上ある大作「The Gates Of Delirium(錯乱の扉)」を約17年半ぶりにライブ・パフォーマンスしていた。スティーヴ・ハウ(G)は、「新ツアーで“The Gates Of Delirium”から“Sound Chaser”“To Be Over”と広げていくのを楽しみにしている」という。

Ako Suzuki

最終更新:10/10(木) 20:43
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事