ここから本文です

生粋のニューヨーカーが中日ファンになったきっかけはあの映画だった!

10/10(木) 10:30配信

CBCテレビ

中日ドラゴンズ二軍がナゴヤ球場でプレーする試合に通い、応援する外国人ファン、エリオット(仮名)さん。
選手たちに対し、自ら作詞した応援ソングを披露し、ナゴヤ球場の名物ともなっています。

そのエリオットさんが、10月3日放送のCBCラジオ『ドラ魂キング』に出演し、ドラゴンズファンになったいきさつを聞きました。
聞き手は西村俊仁アナウンサーと加藤由香アナウンサーです。

遡ること1994年

西村「今日はニューヨーク生まれ名古屋在住ドラゴンズファン。エリオットさんにお越しいただいております。よろしくお願いします!」
エリオットさん「ありがとうございます」

「『ありがとうございます』って言っていただけるのが、すごく気持ちがいい」とテンション高めの西村アナ。

エリオットさんはアメリカのニューヨーク出身で、地元ニューヨーク・ヤンキースのファンです。
なぜ日本に来て、ドラゴンズのファンになったのでしょうか?

今を遡ること25年、1994年に高校生だったエリオットさん。
この年、メジャーリーグの野球選手のストライキがあり、1年間野球の試合が一切ありませんでした。

「大好きな野球が全然観られなくて、試合に行けなくて。それで慰めとして、ちょうどヤンキースの試合が放送する時間に『ミスター・ベースボール』という映画を毎晩毎晩見てたんです」

『ミスター・ベースボール』は1992年のアメリカ映画。ヤンキースから中日ドラゴンズにトレードされたエリオット選手の活躍を描いたヒューマンコメディ。監督はフレッド・スケビシ。ドラゴンズの監督役は高倉健さんでした。

実はエリオットさん、本名を伏せているのですが、この仮名はこの主人公から採られたもの。

「それで、初めて中日ドラゴンズの魅力、特に聖地・ナゴヤ球場という野球場に魅力を感じ始めました」とエリオットさん。

北陸シリーズで愛が生まれる

『ミスター・ベースボール』をきっかけに、日本語を独学で習い始めたというエリオットさん。
大学へ進学して日本語を学び、奨学金で金沢大学へ留学したそうです。
金沢には石川県立野球場があります。

エリオット「そこに友達が連れてってくれて、地方野球で初めて中日の試合を見たんですね」
加藤「北陸シリーズですね」
エリオット「一軍の試合を見たんですけど、さらなるドラゴンズ愛が生まれたんです」

それが1999年のこと。エリオットさんが観たのはヤクルト戦だったと記憶しています。
「山本昌さんとか荒木(雅博)選手とか、そういう時代です」と振り返るエリオットさん。

この1999年は2回目の星野仙一監督体制での4年目・11年ぶり5回目のリーグ優勝を果たしました。

1/2ページ

最終更新:10/10(木) 10:30
CBCテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事