ここから本文です

ミリタリー好きなら知ってて当たり前? エクワックスを説明できますか?

10/10(木) 7:00配信

LEON.JP

エクワックスって、聞いたことあります? 新しいスイーツでも、クルマのコーティング剤でもありません。れっきとしたミリタリー用語です。まったく知らなかったと言う人も、聞けば意外に馴染みあることだったりするんですよ。

今から買い揃えれば、冬も春も準備万端です

最近、古着屋に行きました? かつては、30年代から60年代辺りのアイテムが並んでいた古着屋ですが、昨今は90年代のアイテムが中心に。確かに30年も前ではありますが、自分が生きていた時代がヴィンテージ扱いされるのは、少々複雑です。

そんな中、ミリタリーにも変化が。M-51やM-65は相変わらず人気ですが、昨今は90年代だけでなく2000年代のミリタリーウエアも人気を集めているようです。そこで特に注目されているキーワードが「エクワックス」なのです。

エクワックスとは、ECWCSに日本語を当て字したもの。正確には「Extended Cold Weather Clothing System」のことで、訳すと拡張式寒冷地被服システムとなります。

これは、1980年代にアメリカ軍で開発されたもので、気候や気温に応じてウエアを7段階にレベル分けし、それらを組み合わせることで様々な環境に多段階的に対応するという仕組み。なんだか難しい話に思えるでしょうが、要は気候と気温に応じて適切な重ね着をしようってことです。この考え方は、アウトドアウエアにおけるレイヤリングと同じ。というより、実はアウトドアウエアに着想を得ているんですけどね。

デッドストックや払い下げ品のほか、ファッションブランドでもエクワックスをモチーフにしたウエアは散見されるとあって、是非とも注目してみてください。

【1】秋はレベル3で快適コーデが完成

レベル2のベースレイヤーに、レベル3のフリースをレイヤードした例。こうして重ねていくことで、寒さに対応するだけでなく、暑く感じた時には脱いで適時に気温に対応するのがエクワックスの特徴です。ちなみに、デッドストック等ではエクワックスの規格に沿ったウエアを見つけられますが、ファッションブランドにおいてはそのデザインとスペックはあくまでエクワックスをモチーフにしているだけというものもあるのであしからず。

1/2ページ

最終更新:10/10(木) 7:00
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事