ここから本文です

今、最も来日が待たれるK-POPグループNCT 127とは? K-POP史上最強グループへの参加で大きな追い風

10/10(木) 0:00配信

ぴあ

K-POPカルチャー創生の立役者であり、今なおメインストリームにいるSM ENTERTAINMENTが、テミン(SHINee)、ベクヒョンとカイ(EXO)、テヨンとマーク(NCT 127)ルーカスとテン(WayV)という7人の精鋭メンバーを選出。「東洋と西洋のシナジーを引き上げることのできる新しいグループ」として、最強グループSuperM(ヨミ:スーパーエム)をアメリカでデビューさせ、世界中の音楽ファンの注目を集めている。

その他の写真

10月4日(日本時間)にYouTubeにて公開されたMVは、翌日には1,000万回再生を軽々と突破、10月7日19時の時点で約1800万回再生、という恐ろしいスピードで視聴されている。さらには、10月5日(現地時間)にLA・キャピトルミュージックにてデビューステージを開催し、関連ワードがTwitterのワールドトレンド1位を獲得した。

全世界への生配信で映し出される会場の光景で印象的だったのが、SuperMの公演にも関わらず、客席にNCT 127(ヨミ:エヌシーティー イチニナナ)のグループカラーのペンライトが非常に多く見られたことだ。

CGレベルの美形のリーダー・テヨンと、実力派ラップが光るカナダ出身メンバー・マークの2人を、SuperMへと送り出した多国籍ユニットNCT 127。米ビルボードメインアルバムチャート11位にアルバム『WE ARE SUPERHUMAN』がランクイン、クイーンやアリシア・キーズらと大規模チャリティーイベントへK-POPアーティストとして初出演、など世界人気が高まりつつあった彼らだが、SuperMの追い風を受けて更に存在感を増している。

10月6日(日本時間)には日本人メンバーのユウタがV LIVEにて行った生配信を受けて、関連ワードがマレーシアのTwitterトレンド入りを果たし、NCT 127への注目度が世界中で加速していることを裏付けた。

もはや、現在最も注目度が高まるK-POPアーティストといっていい彼らだが、12月より2度目の日本ライブツアー「NCT 127 Arena Tour ‘NEO CITY : JAPAN - The Origin’」で来日予定とのこと。

「全10ヶ国26都市37公演を巡ったワールドツアーを経て、バージョンアップしたステージを用意する」との公演に期待も高まる。

前回ライブに参加できたラッキーなファンも、まだ生で観たことのない音楽ファンも必見の予感だ。その芸術性により深みをもたせ、ファンとのコミュニケーションにも抜かりない、K-POPと一言でくくれないNCT 127だけの独特な魅力のあるステージになること間違いない。

【ツアー情報】
『NCT 127 Arena Tour ‘NEO CITY : JAPAN - The Origin’』
2019年12月18日(水)[大阪]大阪城ホール
OPEN 17:30 / START 18:30

2019年12月19日(木)[大阪]大阪城ホール
OPEN 17:30 / START 18:30

2020年1月4日(土)[福岡]マリンメッセ福岡
OPEN 16:00 / START 17:00

2020年1月5日(日)[福岡]マリンメッセ福岡
OPEN 15:00 / START 16:00

2020年1月18日(土)[新潟]朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
OPEN 16:00 / START 17:00

2020年2月22日(土)[東京]武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
OPEN 16:00 / START 17:00

2020年2月23日(日)[東京]武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
OPEN 15:00 / START 16:00

2020年2月24日(祝・月)[東京]武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
OPEN 15:00 / START 16:00

最終更新:10/10(木) 0:00
ぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事