ここから本文です

年末にヒョードルがジャクソン相手に「日本ラストマッチ」【12・29 BELLATOR】

10/10(木) 0:16配信

TOKYO HEADLINE WEB

 RIZIN FIGHTING FEDERATIONが10月9日、都内で会見を開き、「BELLATOR JAPAN」(12月29日)、に「RIZIN.20」(12月31日)をともに埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催することを発表した。

 そして「BELLATOR JAPAN」で約4年ぶりに日本で試合を行うエメリヤーエンコ・ヒョードルの相手がクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンとなることが合わせて発表された。

 ヒョードルはPRIDE時代に第2代PRIDEヘビー級王座に君臨。PRIDEヘビー級グランプリを制すなど「60億分の1の男」と称された。PRIDE消滅後は、Affliction、Strikeforceといったアメリカの団体で活躍。現在はBellatorを主戦場としている。

 RIZINには2015年の大晦日に参戦しシング・心・ジャディブを1RにTKOで下している。

 対するジャクソンPRIDEで活躍。桜庭和志、ヴァンダレイ・シウバらと激闘を繰り広げ、人気者となった。PRIDE以降はUFCで活躍。2013年からはBellatorに参戦している。

 この日の会見はこの2人にBellatorのプレジデントであるスコット・コーカー氏、RIZINの榊原信行CEOが登壇した。

 会見の冒頭、榊原氏が「まずこういう形でこれまでスコット氏と企画してきたことを発表できることに興奮している。12月29日にBellatorの日本初進出の大会を一緒に開催できること、それをお手伝いできることを光栄に思う。アメリカのビッグプロモーションが海を渡って日本で大会を開くのは大変なことだし、勇気のいること。そしてお金もかかる。それをRIZINとともにチャレンジしようと踏み出してくれたことに敬意を表したい。12月29日は総合格闘技の歴史が変わる、MMAの未来を感じてもらえるような、新しいムーブメントを起こせるようなそんなアクションにしたい」と挨拶。

 続けてコーカー氏が「本当だったら、このメインイベントは1月のロサンゼルス大会で行う予定だったが、社内での意見交換で反対して、これは日本でやるべきだと主張した」としてヒョードルvsジャクソンの一戦を発表した。

 ここで2人が現れ、ジャクソンは「一つだけ言いたいことがある。自分は一番好きな国でまた戦えることに対して、むちゃくちゃテンションが上がっています」、ヒョードルは「私の大好きな国、日本でまたファイトできることをうれしく思っています。私にとって日本と日本のファンは非常に大切なもの。私のことを日々サポートしてくれてありがとうございます」などと挨拶。ともに日本での試合に特別な思いがあることをうかがわせた。

1/2ページ

最終更新:10/10(木) 0:16
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ