ここから本文です

韓国の観光地は今どうなっているのか? 大韓航空が実施した日本の旅行会社向け研修旅行を取材した

10/10(木) 13:20配信

トラベルボイス

大韓航空は韓国観光公社(KTO)、ロッテホテルの協力のもと、2019年10月3日~4日の日程で、日本の旅行会社を対象にした研修旅行を実施した。昨今の両国間の情勢で相互の旅行需要が停滞していることを受け、韓国旅行を盛り上げようと企画したもの。大韓航空は現在の需要動向に応じ、日本/韓国間の運航便数を10月1日現在、週間171便(6月1日時点では223便)に減便している。この状況のなか、東京、大阪、名古屋、福岡の旅行会社から約20名のスタッフが参加し、ソウルや近郊観光地の状況と新スポットを視察した。

日本/韓国間の観光の現状

往路で搭乗したのは、成田/仁川線のKE706便(9時15分発/11時45分着)。機内は空席があるとはいえ、見つけるのが難しい程度に埋まっており、それは帰りの便でも同様だった。大韓航空によると、成田と羽田の東京路線は需要があり、高稼働を維持しているという。

ただし、東京以外の地方路線は状況が異なる。地方都市からの参加者によると、搭乗した便では空席が目立ち、席の埋まり具合は「4~5割程度だったのでは」と話す人もいた。もともと地方路線は、ゴールデンルート以外への旅行を希望する韓国人旅客が多勢だった影響も大きいのだろう。直近の統計で韓国人の訪日旅行者数は、2019年8月で前年比48%減の30万8700人とほぼ半減しており、9月以降はさらに厳しい推移が見込まれている。

一方、同月の日本人の訪韓旅行者数(KTO発表)は、前年比4.6%増の32万9652人で前年を上回った。ただし、日本人の訪韓旅行は2017年の北朝鮮のミサイル危機などの反動で、2018年ゴールデンウィーク以降はほとんどの月で2~6割増で推移してきた。このV字回復基調を踏まえれば、韓国発需要ほどのインパクトはないとはいえ、日本人の訪韓旅行者数も一転して減少傾向になっている。

航空データを提供するOAG社によると、2019年の日本/韓国間の航空座席数は前年比3%~7%増の100万席~120万席の間で推移していたが、9月に15%減(日本発韓国行きが90.5万席、韓国発日本行きが90.7万席)に。10月以降は2~3割減とさらに減少し、76万席~86万席程度(片道ベース)になる見通しだ。

ただし、大韓航空では2019年冬期スケジュール(2019年10月27日~3月28日)で一時的な増便を含め、週間204便にまで回復させる予定。また、KTOでは10月4日から日本のメディアを招致したプレスツアーを実施している。現在、韓国旅行の広告展開などは状況を見て控えているとはいえ、日本市場向けの誘致活動は続けている。こうした取り組みが、双方向観光の回復へのきっかけになることを期待したい。

1/2ページ

最終更新:10/10(木) 13:20
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事