ここから本文です

台風19号でラグビーワールドカップ2試合中止が発表

10/10(木) 12:35配信

ハフポスト日本版

日本で開催中のラグビーワールドカップで、10月12日土曜日に開催予定だった2試合が中止されることになった。

【ツイート集】ラグビーワールドカップ公式アカウントの台風接近に関するツイート

大型で猛烈な台風19号が同日、日本列島に接近する恐れがあるためだ。ラグビーワールドカップの公式Twitterが、以下の2試合を中止すると10日に発表した。

「ニュージーランド 対 イタリア」(キックオフ 10/12 13:45 豊田スタジアム)

「イングランド 対 フランス」(キックオフ 10/12 17:15 横浜国際総合競技場)

公式Twitterでは中止を決めた理由を「台風19号は、今年最大級の台風であり、暴風と大雨に加えて、様々な施設や公共交通機関への甚大な影響を及ぼす可能性も懸念されます」と述べている。

また、「試合結果は引き分けと宣言され、各チームに勝ち点2ずつ付与されるが、得点記録はなし」とされ、振替試合は実施されない。

12日に福岡で予定している「アイルランド 対 サモア」の試合については、現時点では予定通り開催する方向だ。

安藤健二

最終更新:10/10(木) 12:54
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事