ここから本文です

超大型台風19号の接近による高速道路通行止め・鉄道運休はどうなる?

10/10(木) 21:47配信

Park blog

大型で猛烈な台風19号の接近に伴い11日(金)夜~13日(日)にかけて、高速道路各社は速度規制や一部区間の通行止めを、鉄道各社は広い範囲での運転見合わせを検討している。10月10日17時45分現在、各社から発表されている情報をまとめた。

気象庁によると、台風19号は10日(木)3時には硫黄島(鹿児島県)の南南西にあって、およそ時速20kmの速さで北へ進んでいる。中心の気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55m、最大瞬間風速は75mと大型で猛烈。この後、日本の南を北北西に進み、次第に進路を北東に変えて、非常に強い勢力を保ったまま、12日(土)~13日(日)にかけて西日本から東日本に接近、上陸する見込みだ。これにより、広い範囲で交通網への影響が懸念されている。現在各社から発表されている情報をまとめた。

高速道路各社の発表(10月10日17時45分時調べ)

■NEXCO中日本

 NEXCO中日本は、10日(木)14時に通行止め情報を発表した。それによると、通行止めとなる区間と通行止めの可能性がある区間は以下の通り。

 【通行止め区間】

 ・10月10日14時~ 高波による影響
  西湘バイパス(下): 西湘二宮IC~早川IC(無料区間:大磯東IC~西湘二宮ICも同時に通行止めを実地) 

 【通行止めの可能性がある区間】

 ・東名高速道路(上下):富士IC~清水JCT
 ・西湘バイパス(上):石橋IC~西湘二宮IC
 ※上記区間の時間など詳細は、可能性が高まった場合に順次発表。

■NEXCO東日本・西日本

 NEXCO東日本・西日本は10日(木)16時現在、広い範囲で通行止めになる可能性があり、通行止めとなる可能性が高まった場合、具体的な区間を順次発表するとしている。

鉄道各社の発表(10月10日17時45分調べ)

■JR東日本

 JR東日本は10日(木)15時44分、12日(土)~13日(日)にかけて、在来線および新幹線で列車の運転を取りやめる可能性があると発表。以下の路線において、運転取りやめの可能性があるという。

関東エリア

 【東海道方面】
 東海道線、京浜東北線、横須賀線、南武線、横浜線、伊東線、相模線、鶴見線

 【東北・高崎方面】
 宇都宮線、高崎線、京浜東北線、埼京線、川越線、武蔵野線、上越線、信越本線、吾妻線、烏山線、八高線、日光線、両毛線

 【中央方面】
 中央線快速電車、中央・総武各駅停車、中央本線、武蔵野線、五日市線、青梅線、八高線

 【常磐方面】
 常磐線、常磐線快速電車、常磐線各駅停車、水郡線、水戸線

 【総武方面】
 総武線快速線、総武本線、中央・総武各駅停車、京葉線、武蔵野線、内房線、鹿島線、久留里線、外房線、東金線、成田線

 【山手線】
 山手線

 【直通サービス】
 上野東京ライン、湘南新宿ライン

東北エリア
  水郡線

新幹線

 東北新幹線、山形新幹線、秋田新幹線、北陸新幹線、上越新幹線

■JR東海

 JR東海は在来線および新幹線で列車の運転を取りやめる可能性があると発表。東海道新幹線の東京駅~新大阪駅間において運転取りやめの可能性がある。詳細は以下の通り。

 【東海道新幹線】
・12日(土)は、東京駅~新大阪駅間において、昼間から通常よりも列車の本数を減らして運転したり、運転を取りやめる予定。
・山陽新幹線と直通する列車については、早い時間帯から直通運転を取りやめ、運休や急な行先変更の可能性あり。

・13日(日)は、台風の影響が弱まり次第、線路設備等の安全確認作業を実施。安全の確認が取れ次第運転を開始する予定。そのため、通常よりも列車の本数を減らしたり、取りやめる場合がある。

 【在来線】
・12日(土)~13日(日)にかけて、列車に遅れ等が生じる可能性がある。

■JR西日本

 JR西日本は、広島・山口地区を除く全路線で運休や運転見合わせの可能性があると発表。

■東武鉄道

 東武鉄道は、在来線および特急列車に遅れや運休が発生する可能性があると発表。また以下の夜行列車を運休する。

 【運休】
 ・尾瀬夜行2355: 11日(金)23時55分 浅草駅発
 ・尾瀬夜行2355: 12日(土)23時55分 浅草駅発

■小田急線

 小田急線は、12日(土)~13日(日)にかけて電車遅延や運休、運転取りやめの可能性があると発表した。また、12日(土)は特急ロマンスカーの運転を終日見合わせる。

■西武鉄道、京成電鉄、京王電鉄、東急電鉄、

 西武鉄道、京成電鉄、京王電鉄、東急電鉄は、12日(土)~13日(日)にかけて電車遅延や運休、運転取りやめの可能性があると発表した。

 現在発表のある路線以外でも鉄道、バス、道路などさまざまな交通機関が混乱する可能性がある。交通各社は、ホームページなどで最新情報をこまめに確認し、移動の日程や時間帯の変更をするなど、安全な移動を計画することを呼びかけている。

文・大槻 祐士

最終更新:10/10(木) 21:47
Park blog

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事