ここから本文です

関電・八木会長と岩根社長が辞任会見(全文4)国会の要請があれば真摯に対応

10/10(木) 11:05配信

THE PAGE

 関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題で、同社は9日午後、記者会見を開き、八木誠会長と岩根茂樹社長の辞任を発表した。八木会長は同日付で辞任。岩根社長は、第三者委員会の報告書がまとまり次第、辞任する。

【動画】関電の八木会長と岩根社長が会見 会長は辞任へ

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは、「関電の八木会長と岩根社長が会見 会長は辞任へ(2019年10月9日)」に対応しております。

     ◇     ◇

第三者委のメンバーは関電主導で選んだのか

関西テレビ放送:関西テレビの井筒です。第三者委員会の調査というものが非常に重要になってくると、その人選が非常に注目されていたわけですけれども、お話を伺っていると、御社の主導で選ばれたという認識でよろしいのでしょうか。また併せて、その理由というのがご経歴なのか、なんらかの実績なのか、要素というものをどういうふうにして考慮されたのか教えてください。

岩根:これは、まず第三者委員会のガイドラインというのがございますので、このガイドラインにしっかりとのっとるということが一番大事でございますので、独立性、中立性を確保するということで、顧問弁護士など企業と利害関係を有する者は就任できないと、こういう前提の下に、やはりこれだけの件でございますので、やはり法曹界の相当のご経験、あるいはご経歴がある方を複数名ピックアップしてございます。検事出身、裁判官出身、民事系出身等、多くの、かなり著名人といいますかご経歴のある方をピックアップいたしまして、そうした中で、今回の件に鑑みて検事出身の方が良いと思って、実績、経歴を踏まえまして、但木弁護士が委員長としてふさわしいと考えまして打診させていただいたものでございまして、残りの方については但木弁護士のほうで選定されております。

第一線を退くことへの気持ちを示してほしい

関西テレビ放送:あともう1問お願いしたいんですが、いろいろと経営責任でありますとか社会の批判の声を受けて辞任を決められたということなんですけれども、率直にご自身のお言葉として、こういう形で第一線を退くということに関して、なるたけご自身のお言葉で会長、社長にお気持ちをお示しいただきたいんですけれど。

八木:先ほどから申し上げておりますように、やはりこのたびの件でお客さまから、社会の皆さまからいただいていた信頼を、それからまた関西電力に対するお気持ちを裏切るということになってしまいまして、本当に皆さま方に多大なご迷惑をお掛けしたということ、これは関西電力のトップとして、これは本当に申し訳ない気持ちでございます。そういう意味でそうしたことの、トップとしての、この問題は先ほど申し上げましたように、会社として毅然とした対応が取れてこなかったという、そこに大きな問題があるということでございます。そういう意味で、そうしたことが社会の皆さまの、あるいはお客さまの信頼を裏切ることにつながったと。これはもうトップとして本当に申し訳ない気持ちであります。そうしたことの責任、経営者としての責任を今回、取らせていただきたいというふうに思っております。

岩根:電気事業で長年勤めさせていただいて、電気事業で働かせていただいて本当にありがたいというふうに思っておりました。当社の基本理念は「お客さまと社会のお役に立ち続ける」ということでございまして、そうしたことをいかに実践していくかという事の中で、私自身もやはり安全最優先とCSRが一番大事だと、お客さまの信頼が一番大事だということをこれまでずっと社員に申し上げてきた私がこのような形で辞任するということについては、本当に社員の皆さまにも申し訳ございません。当然のことながらお客さま、社会の皆さまに対して大変申し訳ないと思っていますし、私としては、本当に私自身、一番それを標榜したかったことができなかったということについては本当に申し訳ないというつもりでございます。

司会:よろしいですか。ほかはよろしいですか。じゃあどうぞ。

1/5ページ

最終更新:10/10(木) 13:21
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事