ここから本文です

「ワールドカップがピッチではなく練習場で終わりを告げた」。中止を受けて各国のHC、キャプテンのコメント

10/10(木) 22:23配信

J SPORTS

10月10日(木)、都内で12時より会見が行われ、ワールドラグビーとラグビーワールドカップ2019組織委員会は、非常に強い台風19号の日本接近に伴い、10月12日(土)開催予定だった下記2試合の中止を決定した。

◆10月12日(土)
・13:45 ニュージーランドvs.イタリア 豊田スタジアム
・17:15 イングランドvs.フランス 横浜国際総合競技場

同じ12日(土)、福岡で行われるアイルランドvs.サモアの試合は予定通り行われるという。

日本vs.スコットランドを含む、13日(日)の4試合は、台風通過後の安全性を調査の上、試合開催可否判断を行うという。もし、試合が中止される場合は、原則キックオフ6時間前まで案内される予定だ

ワールドラグビーCOO兼ラグビーワールドカップ統括責任者のアラン・ギルピンは「可能な限りの対策を検討してまいりましたが、チーム、観客、ボランティア、その他の関係者の安全を脅かす可能性のある判断をすることはできません」。

「そのためにいくつかの試合を中止する決定を下しました。また、イングランド、フランス、ニュージーランド、イタリアのファンのみなさまが残念な思いをされることと思いますが、皆様の安全を第一に考えての判断であることに理解をいただけるものと信じています」と説明した。

また、ラグビーワールドカップ2019組織委員会の事務総長・嶋津昭氏は「今回の判断に際し、私どもが最優先に考えたのは、観客、選手、大会を支えるスタッフ・ボランティア、運営に協力してくださる関係各所の皆さんの安全を守ること、そして大会の規定を順守することです」。

「その上で決断されたワールドラグビーの判断について、我々は受け入れ、合意します」と話した。2人とも、選手だけでなく、ファンや関係者の身の安全を考慮しての2試合中止という結果となったことを強調した。

2試合の中止が決定し、両試合とも引き分け扱いとなり、4チームに勝ち点2ずつ加算された。結果、プールBとプールCの上位2チームは下記のように決定した。

プールBは1位がニュージーランド、2位が南アフリカ、プールCは1位がイングランド、2位がフランスとなった。なお、プールBのイタリアも3位が決まり、2023年大会の出場権を得た。

1/3ページ

最終更新:10/10(木) 22:49
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事