ここから本文です

メジャー4戦予選落ちを糧に戦う。勝ってないけど今年も強い、昨年の賞金王・今平の現在地点

10/10(木) 20:31配信

みんなのゴルフダイジェスト

昨年の賞金王・今平にまだ今季、勝利がない。だが、決して不調でないのも事実だ。大会連覇を狙う「ブリヂストンオープン」。10日の予選初日は、7アンダーの単独首位と最高のスタートを切った。前週まで5試合連続でトップテン入りし、賞金獲得額も2位につける。昨年も“未勝利のまま賞金王になるかも”と囁かれていた今平だが、ブリヂストンオープンで勝利。今年もその再現なるか!?

国内では予選落ち一度もなし、出場全戦で20位以内も、まだ未勝利……

前週の「トップ杯東海クラシック」までの今季16試合で予選落ちは一度もなく、最終順位もすべて10位台、直近の5試合に限ればすべてトップ10フィニッシュ。単独2位も実に3回。数字だけを見れば、誰もが認める安定感だろう。だが以外にも、今季はまだ未勝利。昨年、念願の賞金王に輝き、今季は2年連続の期待がかかるなかで、優勝に届きそうで、届かない現実をどう受けとめているのか。本人を直撃した。

「最近も別に、悪くはないと思っているんですけどね。ただ、3日目、4日目。終わってみて振り返ってみると、集中力がうまく続いていない部分がある。そこを何とかしていきたいな、とは思っているんですけど……。まだそこを『どうすれば』というのは自分でもつかみ切れていないですね」

周囲の期待値の高さも理解しているだけに、今平は“我慢”をキーワードにパフォーマンスを続けているという。

昨年は「ブリヂストンオープン」で1億円突破。今年はどうなる?!

実は賞金の獲得ペースは、賞金王を獲得した昨年とほぼ同じ。昨年は今週開催の「ブリヂストンオープン」で初勝利を挙げ、優勝賞金3000万円を加算して獲得総額を1億円に乗せた今平。今年も「ブリヂストンオープン」開催前の時点で、獲得金額は7238万8201円(2位)。“連覇達成”ならば、獲得賞金額は1億円に到達する。

約1000万円差で1位の石川遼を抜く可能性もあり、まさに今週開催「ブリヂストンオープン」は、今平の”今季“を占う意味でも興味深い大会となりそうだ。

この”現象”を本人に聞いてみると「へぇ~、それは知らなかった。賞金も去年と同じなんですね……」と驚きの表情。同時に、昨年のこの時期にはなかった手応えも語ってくれた。

1/2ページ

最終更新:10/10(木) 23:18
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事