ここから本文です

55年前の聖火ランナー 聖火に託した祖国復帰

10/10(木) 20:41配信

沖縄ニュースQAB

 沼尻キャスター「55年前1964年のきょう10月10日、日本では大きなイベントが開催されたのですが、皆さん、そして山城さんわかりますでしょうか?。」

 山城キャスター「東京オリンピックの開会式ですよね。」

 沼尻キャスター「そうなんです。それが理由で以前は「体育の日」に制定されていたんですが。」

 今回私が取材したのが、当時のオリンピックの開会式前およそ1カ月間に渡って行われた聖火リレーの沖縄の第1走者、宮城勇さんです。取材をしてみると当時の沖縄にとって聖火リレーは、「スポーツの祭典」の始まり以上に大きな意味を持っていました。

 沼尻キャスター「これは何ですか?。」宮城勇さん「これは那覇空港で私が持って走ったトーチです。」沼尻キャスター「今からですと55年前ですか?。」宮城勇さん「そうですね、もう半世紀すぎますね。」

 浦添市に住む宮城勇さん、77歳。手に持っているトーチには「TOKYO 1964」の文字。55年前のオリンピックで宮城さんが聖火ランナーとして実際に手に持って走ったものです。

 宮城勇さん「燃料を詰めると約600グラムありましたね。」「重さそのものはそれほどの重量はないんですけど、やはり責任感というものも重なってずっしりとした手応えは感じましたね。」

 当時、琉球大学の学生だった宮城さん。教員を目指し勉強に励んでいたある日、その一報は驚きとともに届きました。

 宮城勇さん「ある晩、新聞記者が訪ねてこられて「きょう沖縄の聖火リレー実行委員会があって、そこで宮城さんが内定されました、それについて感想を聞かせてください」と内定したリストを示されてびっくりしました。

 突然の聖火ランナーの内定。選考の理由については当時、大学の体育学科のリーダーをしていたからではないかと推測する宮城さんですが、実際のところは今でもわからないということ。

 そんな宮城さんに実際に走ったコースを歩きながら当時を振り返ってもらうと沖縄の人々が聖火に込めた強い思いが見えてきました。

 沼尻キャスター「こちらがその当時のスタート地点ということなんですかね?。」宮城勇さん「当時那覇空港はここにありました。」

 1964年の東京オリンピックで聖火リレーの沖縄の第1走者をつとめた宮城勇さん。当時の聖火リレーは沖縄から出発したため宮城さんは全国で最初に走る聖火ランナーでした。

 宮城勇さん「待ちに待った聖火は9月7日12時に到着をして、ここの空港には開港以来の空前の人出と言われる人たちが集まってですね。」

1/2ページ

最終更新:10/10(木) 20:41
沖縄ニュースQAB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事