ここから本文です

ノーベル化学賞の吉野彰氏が会見(全文1)まさか、まさかの受賞

10/10(木) 13:51配信

THE PAGE

 2019年のノーベル化学賞を受賞した旭化成の吉野彰・名誉フェローが9日夜、都内で記者会見し、喜びを語った。

【高画質】ノーベル化学賞の旭化成・吉野彰氏「リチウムイオン電池が受賞してうれしい」

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「ノーベル化学賞の旭化成・吉野彰氏「リチウムイオン電池が受賞してうれしい」(2019年10月9日)」に対応しております。

     ◇     ◇

若い研究者の大きな励みになってくれるのかな

吉野:私自身、ちょっと今、大変興奮しておりますんで。見事に今年のノーベル化学賞を受賞いたしましたことを、ご報告したいと思います。これからちょっと、いろいろ大変なことがいろいろ続くかと思うんですけども、先ほどもちょっと電話インタビューでいろんなことをお話しさせていただきました。

 やはりストックホルムの人は、リチウムイオン電池と環境問題、これを、環境問題をひとつ、答えを出してくれるということに対して、ストックホルムの方々は非常に期待されておりました。そういった意味合いで、このリチウムイオン電池が受賞対象になったというのは非常に私自身うれしく思いますし、また、いろんな分野で若い研究者の人が一生懸命、今、研究なさってます、そういった人たちに大きな励みになってくれるのかなというふうに思っております。

 どうもありがとうございました。

司会:ありがとうございます。それでは弊社の常務執行役員、参っておりますので、山岸より一言、はい。

山岸:皆さん、お忙しい中お集まりくださいまして本当にありがとうございます。弊社の小堀社長より今、コメントが届きましたので、代読させていただきます。

 この受賞を受けて、出張中の旭化成代表取締役社長の小堀より吉野宛にメッセージが届いておりますので、代読させていただきます。

 名誉フェロー、吉野彰さんのノーベル化学賞の受賞の一報に接し、大きな喜びとともに心からお祝い申し上げます。IT社会の実現に多大な貢献をしてきたリチウムイオン電池が、今後は電気自動車や電力貯蔵システムなどの環境エネルギー分野でさらに技術革新が進み、ますます世界の人々の暮らしに役立つものになっていくと期待しております。

 以上であります。本当におめでとうございます。

吉野:ありがとうございます。

司会:はい、ありがとうございます。それでは時間、約1時間になりますが、皆さまからご質問、お受けしたいと思います。どうぞ、挙手ください。じゃあNHKさん、どうぞ。

1/5ページ

最終更新:10/10(木) 14:25
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事