ここから本文です

32歳・遅咲きブレイク美女「加治ひとみ」 大人のモテボディを徹底解剖!【前半】

10/10(木) 12:20配信

magacol

肌見せシーズンである夏が終わると手を抜きがちなのが、ボディメイキング。アラサー女子の皆さんも「仕事で忙しい」、「時間がない」ということを口実に後回しにはしていませんか?

CLASSY.ONLINEでは、キュッと引き締まったウエストのくびれやほどよく筋肉がついてヘルシーだけど女性らしいボディが雑誌やインスタで話題の「かぢちゃん」こと、加治ひとみさんに注目!今回は毎日の努力の積み重ねによって作り上げられた努力の結晶とも言える、「かぢボディ」を徹底解析します。

かぢボディの秘密(1)キュッと引き締まった「ウエストのくびれ」

もともと運動が好き。新しくできるスポーツを探していて、海外のアーティストの間で話題だったピラティスが気になって始めました。呼吸方法の基礎を教えてもらうことで、体幹が整います。始めてから1、2年目で体幹がつきました。今は2週間に1度のペースで通っています。

【zen place pilates by BASI Pilates】
港区六本木7-19-9 VORT六本木7F
営:月~金10:00-21:30 土日祝 9:00-17:00

「昔から平坦な体よりメリハリのあるシルエットが憧れで目指しています。私は筋トレをしすぎるとくびれがなくなるので、腹筋は鍛えすぎないほうが良いと思っています。しなやかに筋肉をつけるために、ピラティスに約9年通っています。ウエストをキュッとくびれさせるなら、ピラティスが一番だと自信をもって言えます。通っているのはzen place pilates by BASI Pilatesというピラティスジムです」

かぢボディの秘密(2)無駄のないキレイな背中とメリハリのあるふんわりヒップ

「肩幅が広いのと学生時代テニス部だったので、腕に筋肉がつきがちなのが悩みでした。

自分で手が届かない背中はパーソナルジムのマシンを使ってケアしていますで。程よく筋肉が付き、程よく柔らかさもある背中が理想。背中からお尻にかけてのシルエットは、桃のように丸みのある感じを目指しています。少し大きめな自分のヒップが意外と嫌いではないです!」

1/2ページ

最終更新:10/10(木) 12:20
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事