ここから本文です

長友佑都、2009年10月8日以来10年ぶりのゴールに「いつも狙っていた」

10/10(木) 21:50配信

GOAL

日本代表は10日、カタールW杯アジア2次予選でモンゴル代表と埼玉スタジアム2002で対戦し、6-0で圧勝した。

南野拓実の3試合連続弾で先制し、6選手が6得点を決めた試合で、自身10年ぶりのゴールを決めた長友佑都が試合後フラッシュインタビューに応じた。

「遠かったですね。いつも狙っていたんですが」

33分、南野とのワン・ツーで右サイドを抜け出した伊東純也の中への折り返しに反応して押し込み、チーム3点目を決めた長友。2009年10月8日のアジアカップカタール2011予選・香港戦(アウトソーシングスタジアム日本平/当時)以来、10年ぶりの代表弾となった。

また、W杯予選の難しさについては「自分たちは経験もあるし、落ち着いてやれた。前半で4得点と試合を決められた」と振り返る。引いて守る相手に対し、「クロスをサイドからしっかり入れられた。(モンゴルに)中を締められたので、サイドから攻撃しようとチームで話していた」と狙い通りだと明かした。

さらに、大迫勇也不在を問われると、「誰が出てもパフォーマンスを発揮しないとW杯では勝っていけない。選手層という意味でアピールできた選手もいるのではないか」と結んだ。

日本代表はこの後、15日にW杯アジア2次予選・タジキスタン代表戦をアウェイで戦う。

Goal

最終更新:10/11(金) 0:00
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事