ここから本文です

台風19号 丸3日以上、猛烈な勢力を維持 危険なうねりが襲来

10/10(木) 11:54配信

ウェザーニュース

 台風19号が日本の南の海上を北上しています。台風は7日(月)18時に猛烈な勢力まで発達し、気象庁は少なくとも今日10日(木)21時までは継続すると予想しているため、丸3日以上、猛烈な勢力を維持することになります。

 このため、台風の周辺では10mを大きく超える高波が発生し、うねりとなって日本列島に伝わってきました。

各地の波高&周期

 西日本、東日本の太平洋側はすでに波の高さが3m前後と高く、国土交通省港湾局によると、10日(木)11時の波高は高知県高知港で2.16m、静岡県御前崎港で2.33mを観測しています。

 また、周期を見ると12~15秒程度と、5秒前後の通常の波に比べて極端に長いことがわかります。

 この周期の長さはうねりの特徴です。

うねりとは?

 うねりは離れた場所の発達した風浪が、余波となって伝わって来た波のことです。遠くから伝わってくるので、波長が一定で長く丸みを帯びた波になります。見た目で気づきにくく、崩れにくい波になります。

 見た目で気づきにくいうねりが、陸近くの浅い海域に達すると、豹変することがあります。

危険なうねり、高波に警戒を

 海底の摩擦の影響で、うねりの前方にブレーキがかかり、うねりの後方が追いついて波長が短くなる一方、波が急激に高まるのです。海底が浅くなるほど、高まりが傾向が強くなって、波頭が崩れて覆いかぶさるように岸に打ち寄せます。

 波やうねりは台風が遠いうちから影響が出始め、台風が離れた後も最後まで残ります。マリンレジャーは避けるとともに、護岸施設への影響が心配されますので、警戒が必要です。

ウェザーニュース

最終更新:10/10(木) 11:54
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事