ここから本文です

お金を「生み出す」節約法~節約にも「質」がある、お金を「失う」節約との違いとは~

10/10(木) 18:45配信

LIMO

お金を増やすには「収入」を増やすか、「支出」を減らすしかありません。支出の減らし方を間違えてしまうと、ストレスを溜めてしまったり、必要なものを手に入れそびれてしまったりするものです。

今回はスマートな支出についてお話をしたいと思います。

承認欲求を満たすための消費をやめる

まず、削るべきところとそうでないところを分けて考える必要があります。支出はムダなところ、それからデカいところを削るべきです。

ムダな部分、それはズバリ「コスト>リターン」という図式になっているものです。その筆頭は「承認欲求を満たすための出費」があげられます。

人にバカにされたくないと、高級ブランドバッグを買ったり、身の丈に合わないエリアの高級物件を買ったりすることなどです。「それかっこいいね」などと認められてしまうと、人から認められた快感が忘れられず、次々とグッズを買って自分を着飾りたくなるものですが、承認欲求を満たすためにお金を使うことはおすすめできません。

きりがないですし、資産化しない行為だからです。お金持ちと呼ばれる人種は、ブランディング戦略の一環として派手な消費をすることはありますが、それはマーケティング行為からくるもので彼らなりの戦略があるものです。しかし、多くの人にとってそのような見栄にお金を使うことはムダでしかありません。

デカいところを削れ

それから次に、デカい出費を削らなければ節約としての効果があまり得られません。人生の大きな買い物といえば「住宅・教育・保険・自動車」です。

まず、自動車ですがこれはまっさきに手を入れるべき支出項目です。自動車を保有することでかかるコストは、生涯で4,000万円という試算をする専門家もいます。これが更に高級車となると、そのコスパの悪さは計り知れません。

私はベンツSクラス、レクサスLSを乗っていたことがあるのですが、あまりのコスパの悪さに驚かされたことがありました。それでいて、得られるメリットはあまりにも小さく、「これなら乗りたいときにレンタルをしたほうが良い」という結論にいたり、今では燃費の良いプリウス(トヨタ)に乗っています。田舎暮らしでなければ、本当は自動車に乗らずすべて自転車で済ませたいくらいです。

また、その他でいえば保険料も手を入れるべき項目です。日本人は保険好きという国民性があります。これからは人生100年時代ですから、下手に手厚い保険に入ってしまうと生涯で支払う保険料は途方もない金額になってしまうでしょう。

人によって賛否両論あるかもしれませんが、私の場合は民間の医療保険に加入する必要がないと思っており、実際に加入はしていません。保険に支払うお金を株やFX、不動産投資に振り向けており、そこからの投資収益で資産形成をしています。社会保険はかなり手厚いので、かなりの部分を社会保険でカバーできると考えています。

また、あまりに手厚い保険に入っていると「自分は保険に守られているから」と健康をないがしろにするモラルハザードも生まれてしまうこともあるでしょう。

生涯で支払うコストが大きなものほど、節約のメスを入れる価値があると思うのです。

1/2ページ

最終更新:10/10(木) 18:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事