ここから本文です

落合博満氏、鳥谷選手は「思いを遂げてやらないといけない数少ない選手」

10/10(木) 6:00配信

Lmaga.jp

10月9日放送の『戦え!スポーツ内閣』(毎日放送)に、球界のレジェンド・落合博満氏が登場。今年の8月以降、阪神ファンざわつかせる鳥谷敬選手の退団問題について言及した。

2003年に自由獲得枠で入団した鳥谷選手は、タイガース一筋16年で、連続フルイニング出場667試合は歴代4位、連続試合出場1939試合は歴代2位の大記録を打ち立てた虎の功労者。2017年には一流打者の証である通算2000安打も達成したが、近年は代打での出場に甘んじており、今年8月には球団から「引退してくれないか」と伝えられたという。

落合氏は「(報道にある通り)球団が『引退してくれ』と言ったのなら間違い。『来季の契約は球団としては結ばない』という話をしなきゃ。今年で5年契約切れると分かってるのなら、(球団は)もっと早く動いてなきゃいけない」とコメント。

現役続行を希望する鳥谷選手は今後、他球団への移籍を模索すると言われている。落合氏は、「(他球団で)活躍できる、できないじゃなくて、彼の思いを遂げてやらないといけない。悔いのない野球人生を送らせてやらなきゃいけない、そういう数少ない選手」と、引退させられる選手がほとんどの野球界において、自身で引退を決められる特別な選手であると評した。次回は、本番直前ドラフト会議SPが放送される。

最終更新:10/10(木) 6:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事