ここから本文です

ルノーF1のヒュルケンベルグ&リカルド、アップデートの力を借り、日本GPで大量得点を狙う

10/10(木) 17:52配信

オートスポーツweb

 シンガポールGPとロシアGPで合わせてたった3ポイントしか獲得できなかったルノーF1チームは、今週末の第17戦日本GPで、より強力なパフォーマンスを発揮する必要がある。

ルノーの新型メガーヌ R.S.トロフィーの発表会に登場したヒュルケンベルグ

「シンガポールとロシアではポイントのチャンスを逃してしまった。僕たちの競争力のあるペースと予選ポジションを考えると残念だ」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

「僕らは今もコンストラクターズ選手権で4位争いをしている。一戦一戦に集中し、毎回、最大の結果を出さなければならない。特に日曜の決勝をもっとうまく進める必要がある。だが、さまざまな要素が影響してくる。時には僕自身に、時にはチームに、自分たちの手におよばない物事が起きるんだ。日本では多くのポイントを狙わなければならない」

 ヒュルケンベルグは前述の3ポイントを獲得したドライバーだ。チームメイトのダニエル・リカルドのここ2戦の獲得ポイントはゼロだった。

「ポイントを取れずに直近の2レースを終えたのは残念なことだし、おそらく僕たちの実力にふさわしくないことだ」とリカルドは語った。

「速さはあったと思うので、実際にはもっとポイントを稼げるはずだった。でも、そのことを振り返ってばかりはいられない。自分たちにできることは、日本GPに集中して確実に良い仕事をすること。(コンストラクターズ選手権)4位を争う権利を失わないために、とにかくいくらかでもポイントを獲得することが重要だ。簡単にはいかないだろうことは分かっているが、僕たちは諦めないよ」

 ふたりのマシンには、鈴鹿でアップデートが施される。

「新しいフロントウイングを鈴鹿に持ち込む」とテクニカルディレクターのニック・チェスターは語った。

「新たなシャシーウイングもある。見た目には違いが分かりにくいが、結果としてダウンフォースとグリップがさらに強まることを期待している」



[オートスポーツweb ]

最終更新:10/10(木) 17:56
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事