ここから本文です

長友佑都「選手層という意味ではアピールできた」

10/10(木) 22:35配信

日刊スポーツ

<ワールドカップ(W杯)アジア2次予選:日本6-0モンゴル>◇F組◇10日◇埼玉

DF長友佑都(33)が、日本代表で10年ぶりにゴールを決めた。

2-0の前半33分、MF伊東の右クロスに走り込んで右足で合わせた。09年10月8日のアジア杯予選香港戦以来、国際Aマッチ通算4得点目。出場120試合の節目を自ら祝うゴールとなった。

長友は試合後に「遠かった。いつも狙っていたけど。10年ぶりに取れてうれしいです」と喜んだ。

FIFAランク183位の格下との対戦だったが「経験があるので、落ち着いて入れた。前半に4-0になって前半で勝負が決められて良かった」。

エースFWの大迫が不在の中、後半にも2点を追加して6得点の大勝。「誰が出てもしっかりとパフォーマンスを発揮できないとW杯では勝てない。選手層という意味ではアピールできた選手がいるんじゃないか。ゼロに抑えて、6点取れて良かった」と話した。

最終更新:10/11(金) 10:30
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事