ここから本文です

豪華な顔ぶれ…2019年に現役引退した選手でベストイレブン選出

10/10(木) 7:22配信

ゲキサカ

 英『BTスポーツ』の公式ツイッター(@btsportfootball)が、2019年に現役を引退した選手でベストイレブンを選出した。

 同メディアは4-3-3のシステムでベストイレブンを作成。GKにはチェルシー、アーセナルで活躍した元チェコ代表GKペトル・チェフを選び、最終ラインに右から元アイルランド代表DFジョン・オシェイ、元イタリア代表DFアンドレア・バルザーリ、元ブラジル代表DFフアン、元イングランド代表DFアシュリー・コールが並んだ。

 中盤には、すでにアルサッドで監督デビューを果たした元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス、レアル・マドリーやインテルなどでプレーした元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル、今月8日に引退を表明したばかりの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが名を連ねた。

 前線には右に元オランダ代表FWアリエン・ロッベン、左に元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー、中央に元カメルーン代表FWサミュエル・エトーを選出。それぞれのポジションに豪華な顔ぶれが並び、世界的スーパースターが2019年限りでスパイクを脱いだことがわかる。

▼GK
ペトル・チェフ

▼DF
ジョン・オシェイ
アンドレア・バルザーリ
フアン
アシュリー・コール

▼MF
ヴェスレイ・スナイデル
シャビ・エルナンデス
バスティアン・シュバインシュタイガー

▼FW
アリエン・ロッベン
サミュエル・エトー
ロビン・ファン・ペルシー

最終更新:10/10(木) 7:22
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事