ここから本文です

【ラグビーW杯】 スコットランド、ロシアを圧倒しボーナス点 日本に詰め寄る 

10/10(木) 0:56配信

BBC News

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、1次リーグA組の試合が小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県袋井市)であり、スコットランド(世界9位)が61-0の大差でロシア(同20位)を退けた。ボーナスポイントも獲得し、決勝トーナメント進出に望みをつないだ。

ここまで1勝1敗のスコットランドにとっては、1次リーグ突破のために負けられない試合だった。さらに、是が非でもボーナスポイントを収め、上位2チームとの差を縮める必要があった。

この勝利でスコットランドは、A組3位のままだが、1位日本と勝ち点で4点差、2位アイルランドとは1点差に詰め寄った。13日に8強入りをかけて日本と最終戦を戦う。

■開始直後は互角だったが

スコットランドは日本戦を4日後に控え、主力メンバーをいかに温存するかが課題だった。そのため、若手を軸に大幅にメンバーを入れかえた。

一方、ここまで3連敗のロシアは、これが1次リーグ最終戦。必勝を期して最終戦に望んだ。

試合はふたを開けると、開始10分頃までは比較的イーブンに進んだが、その後は一方的な展開になった。

スコットランドは前半13分、敵陣22メートルライン内、ゴール正面でのスクラムを起点に、右サイドへとパスを展開。SOアダム・ヘイスティングズは、パスを出すと見せかけて複数の相手をかわし、トライを奪った。

その4分後にはまたもヘイスティングズが、自分で蹴り出したボールを、敵のミスにも助けられグラウンディング(ボールの接地)に成功。この2本のトライとも、自らコンバージョンキックも決め、14-0とロシアを一気に引き離した。

■インターセプトからトライ

ロシアは、前回のアイルランド戦に比べれば、はるかにいいプレーを見せた。

フォワード陣が粘り強く縦方向へ進みながら、得意のライン攻撃でチャンスを狙う場面もあった。また、自陣深くまでキックで押し込まれながらも、懸命な守備で相手を押し戻していた。

ただ、前半22分の場面は、ロシアにとって大きな痛手となった。

ロシアは自陣ゴール手前のラインアウトから、左にパスを展開。キックのチャンスをうかがった。ところがSHジョージ・ホーンにインターセプトされ、そのままトライを奪われたのだ。

コンバージョンキックも決まり、スコアは21-0にまで開いて、ハーフタイムとなった。

■ボーナスポイント獲得

後半はスコットランドが、層の厚さを見せつけた。鍵となったのは、機動力に勝る若きバックス陣だった。

まず後半4分、WTBダーシー・グレアムが、自陣22メートルライン付近でボールをキャッチ。そのままぐんぐん加速しながら相手を縫うようにかわし、敵陣22メートルラインを突破。最後はホーンがゴール左にトライを決めた。

これでスコットランドは、待望のボーナスポイントを獲得した。

後半10分には、敵陣22メートルライン付近でのモールで相手を押し込み、密集から抜け出したHOジョージ・ターナーがゴール右にトライ。

その5分後、右隅のインゴールに蹴り出されたボールを、WTBトミー・シーモアが抑えた。

そのさらに3分後には、左のタッチライン沿いでパスをつなぎながら、ホーンがゴール左隅にハットトリックのトライを決めた。

わずか10分も経たぬうちの3トライだった。スコアは47-0に広がった。

■トライ重ね得失点差広げる

試合終了間際にも、スコットランドはしたたかに追加点を奪った。

後半34分にFLジョン・バークリーが、37分には交代出場したHOスチュアート・マキナリーが、立て続けにトライ。

スコットランドは後半だけで6つのトライと、5つのコンバージョンキックを成功させた。

ロシアは終盤間際に必死の反撃を試みた。だが奮闘むなしく、勝ち星に恵まれぬまま大会を後にすることになった。

(英語関連記事 Scots crush Russia to keep hopes alive)

(c) BBC News

最終更新:10/10(木) 0:58
BBC News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事