ここから本文です

日本株は続落へ、米中交渉の行方を警戒-電機など景気敏感株安い

10/10(木) 7:54配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 10日の東京株式相場は続落の見込み。米中通商協議の行方に対する警戒が強まり、半導体関連や機械など輸出関連、商社、海運といった海外景気敏感業種中心に売りが強まりそう。

〈きょうのポイント〉

いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員は「次官級の交渉で進展がなかったとすれば、閣僚級でもほとんど進展がない可能性がある。15日に米国が対中関税を引き上げれば、景況感は相当悪化するだろう」と述べた。

(c)2019 Bloomberg L.P.

Toshiro Hasegawa

最終更新:10/10(木) 7:54
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事