ここから本文です

児童の胸ぐらつかみ答案用紙破り捨て 教員間暴力の加害教員

10/11(金) 5:55配信

神戸新聞NEXT

 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、加害教員4人のうち40代女性教員から暴行を受けたと訴えている男子児童と保護者が、神戸新聞社の取材に応じた。現在5年生の男児は3年生だった2017年度、当時の担任の女性教員から座っていたいすをいきなり引かれ、勢いで後ろの机に頭をぶつけるなどしたという。男児は落ち込み、「その時は学校に行くのが嫌になった」と振り返る。

【写真】「びっくりしたねごめんね」被害教員からメッセージ

 男児と保護者によると、この女性教員は17年度の3学期、男児が音楽の授業中に教科書を忘れたことに怒り、いすをいきなり引いた上、頭をぶつけた男児の胸ぐらをつかんで立たせたという。さらに、男児は給食当番の時に行動が遅いとして体を強く押され、近くの棚で頭を打ったと訴える。

 保護者が学校側に抗議すると、いすをいきなり引いたことについては認めたといい、現在の仁王美貴校長らによる9日の記者会見でも明らかになった。

 男児は、女性教員が他の児童に対しても胸ぐらをつかんだり、暴言を浴びせたりするといった場面を目撃。テスト中に児童の答案用紙を破り捨てたこともあったという。こうした女性教員の暴行や暴言は他にも目撃情報がある。

 一方、男児は4年生になると、教員4人から暴行・暴言を受けた男性教員(25)が担任に。この男性教員は掃除など頑張ったことを写真に撮って保護者に伝えたり、「理想のリーダーになって」との期待が込められた手紙を渡してくれたりした。おかげで男児は4年生では元気を取り戻した。

 ただ、男児が昼休みにみんなで一緒に遊ぼうと男性教員を誘った時、「(加害教員に)呼び出されている」として応じなかったことがあったという。

 男児は「先生は病気で休んでいたと思っていたけれど、他の先生からのいじめがあったなんて…。悲しくて腹が立つ。早く元気になってほしい」と話す。(佐藤健介)

最終更新:10/11(金) 10:53
神戸新聞NEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事