ここから本文です

県勤労者写真展が開幕 入賞作品など234点展示 福島

10/11(金) 8:23配信

福島民報

 第十八回県勤労者写真展は十日、福島市のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で開幕した。十三日まで。

 県労働福祉協議会の主催、福島民報社などの後援。最高賞の知事賞に輝いた酒井巧さん(南会津町)の「火口の世界」、福島民報社長賞を受けた大橋功さん(福島市)の「収穫」など、入賞作品と歴代審査員の作品を含む二百三十四点が展示されている。

 四季の風景や祭り、生活の一場面を切り取った力作が会場を彩っている。時間は午前九時半から午後五時(最終日は午後二時半)まで。

最終更新:10/11(金) 10:19
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事