ここから本文です

今夜『海よりもまだ深く』放送!愛すべき“ダメ男”阿部寛の演技に注目!

10/11(金) 7:06配信

シネマトゥデイ

 阿部寛が主演を務める映画『海よりもまだ深く』(2016)が今夜11日、よる9時よりフジテレビ系で地上波初放送される。阿部が是枝裕和監督とタッグを組んだ本作で、人間味たっぷりな“ダメ男”を演じている。

和気あいあい!『海よりもまだ深く』阿部寛&真木よう子&樹木希林インタビュー【動画】

 今回、是枝監督の最新作『真実』の公開を記念して放送される『海よりもまだ深く』。大人になりきれない甲斐性なしの中年男(阿部)がひょんなことから母(樹木希林)の住む団地で別れた妻子と一晩を過ごすことになる。是枝監督が『歩いても 歩いても』(2008)、『奇跡』(2011)に続いて阿部と樹木とのタッグを組んだ作品で、阿部は4作目、樹木は5作目の是枝作品への出演となった。

 主人公の名前は“良多”。これは『歩いても 歩いても』、ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」(2012)で阿部が演じるキャラクターの名前になっていたほか、『そして父になる』(2013)でも福山雅治ふんする父親の名前にも使用されており、是枝作品においては、“父になりきれない父”の名前にあてられることが多いようだ。

 『海よりもまだ深く』に登場する良多(阿部)は、笑ってしまうほどのダメ人生を更新中。15年前に文学賞を受賞したきりの“自称作家”で、現在は探偵事務所に勤めているが、これは「小説のための取材」だと周囲にも自分にも言い訳をしている。元妻には愛想を尽かされており、息子の養育費も満足に払えないにもかかわらず、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。

 そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送りながら、息子を穏やかな眼差しで見つめる母の淑子。物語では、ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と、元妻と息子が台風のため翌朝まで帰れなくなり、偶然訪れた“元家族”の時間が感動的に描かれていく。

 叶わぬ夢ばかり追い続ける情けない良多だが、切なくもありながら、可笑しさもあり、どこかチャーミングでさえある。是枝監督は当時、良多役の阿部について「他の人にお願いする発想がまったくなかった」と語り、脚本も「阿部さんの声を思い浮かべて書いています」と口にしていたほどの信頼ぶりで、その演技を絶賛していた(プロダクションノートより)。

1/2ページ

最終更新:10/11(金) 9:22
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事