ここから本文です

秋季東北高校野球 11日、岩手で開幕 台風で日程変更

10/11(金) 9:54配信

福島民報

 来春の選抜高校野球大会(センバツ)につながる第72回秋季東北地区高校野球大会は11日、岩手県の2球場で開幕する。東北地区高野連は9日、台風19号接近に伴う大会日程の変更を発表した。

 11日は当初の予定通り、午前9時から盛岡市の県営野球場で開会式を行う。福島県第3代表の磐城は正午から花巻市の花巻球場で東海大山形(山形第3代表)との1回戦に臨む。12、13の両日に予定されていた全試合が14、15日に順延される。16日が休養日となり、17日に準決勝、18日に決勝を実施する。

 第1代表の学法福島は14日午前9時から花巻球場で、東奥義塾(青森第3代表)-秋田商(秋田第3代表)の勝者と、第2代表の福島成蹊は同日午前11時30分から県営野球場で鶴岡東(山形第1代表)とそれぞれ2回戦を戦う。

 東北地区高野連の主催。東北6県の予選を勝ち抜いた18校がトーナメント戦を繰り広げる。開会式では盛岡大付の小林武都主将が選手宣誓する。

最終更新:10/11(金) 9:54
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事