ここから本文です

日本プロシニア10月12日(土)は中止、54ホール短縮競技の予定

10/11(金) 10:55配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<第58回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 2日目◇11日◇サミットゴルフクラブ(茨城県)◇7023ヤード・パー72>

男子ツアーも中止決定。コースには先日の台風の爪痕も残っている【写真】

台風19号が非常に強い勢力を保ちながら、10月12日(土)にも東海や関東に上陸の恐れがあることから、茨城県のサミットゴルフクラブで開催中のシニアプロナンバーワン決定戦「第58回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ」も対応を検討。その結果、12日の3日目は中止を決定し、54ホールの短縮競技を目指すことになった。

「選手、ギャラリー、大会関係者の安全確保を最優先に考えました。コースに関してはクローズしていただくことになります。13日の日曜日に関しては、トップのスタートを9時50分からの予定として選手には発表したいと思います。あくまでも予定となりますので、事前に選手へ伝えてあるように、当日、人数を少なくしてファイナルラウンドを行う可能性もあります。当日のコース作業が読めませんので、あまりにもひどい状況だと中止にせざをを得ません。今、もしくは明日に判断することはできませんので、当日の朝に判断することになります」(植田浩史大会実行委員長)

2日目の本日11日、現地は曇りだが雨は降っておらず、大会はスムーズに進行されている。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/11(金) 10:55
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事