ここから本文です

じゅ、12万円!? ハイレゾ音源を存分に楽しめるイヤホンには磁性流体が使われているらしい

10/11(金) 19:00配信

ギズモード・ジャパン

難しいことはわかりませんが。

パナソニックの音響ブランド「Technics」(テクニクス)から、磁性流体を用いたダイナミック型ドライバー搭載のステレオインサイドホン「EAH-TZ700」が11月15日より発売されます。

【全画像をみる】じゅ、12万円!? ハイレゾ音源を存分に楽しめるイヤホンには磁性流体が使われているらしい

磁性流体を使って歪みのない音を実現

音質を左右するドライバー部には、直径10mmの新開発ドライバー「プレシジョンモーションドライバー」を採用。ボイスコイル部に磁性流体を充填することで、振動板の正確なストロークを実現し、ゆがみの少ない再生が可能になっているとのこと。

磁性流体は、普段は液体なんですが、磁石を近づけるとその方向に揃うという物質。しかも粒子が非常に細かい(10nm)ため、粒子同士の凝集が起こらないという特徴があります。

まあ、書いててよくわからなくなってきましたが、この磁性流体をボイスコイル(スピーカー部の音の発生元)の部分に充填することで、ボイスコイルが均一かつ滑らかに動作。これにより、ボイスコイル部から発生する音がゆがまず、振動板に伝わるのです。

素材&機構のおかげで音が良さそう

振動板には、特殊アルミニウムを採用。また、エッジ部にはしなやかなPEEK素材を採用。2種類の異なる素材を使うことで、100kHzの超高域まで再生できるそうです。

そのほかにもドライバー前後の空気の流れを緻密にコントロールする「アコースティックコントロールチャンバー」を搭載することで、バランスのよいフラットな特性を実現しています。

こんなこと書いていてなんですが、よくわかりません! オーディオに詳しい方や化学に詳しい方なら「おおお」ってなるのかもしれませんけど、完全ワイヤレスイヤホンを4台もなくしている僕からしたら、「音よさそうだな」くらいの感想しか出てこないんですが。

とにかく、ハイレゾ音源もきっちり再生できるこだわりが詰まったイヤホンなんです。

シリコン製イヤーピースは形状とサイズ違いで8種類付属。また、着脱コード(直径3.5mm ステレオミニプラグ L型)に加え、着脱バランスコード(直径2.5mm 4極 L型)の2種類のコードが付属しています。

さて、価格のほうはというと、12万円(税別)! そりゃあ磁性流体使ってますから(よくわかってない)。

こういう、すごいオーディオ機器ってあんまり触れる機会がないので、一度体験してみたいなー。世界変わっちゃうのかな。

Source: パナソニック via 価格.com

三浦一紀

最終更新:10/11(金) 19:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事