ここから本文です

【ONE】堀口恭司が10.13両国大会の第1部解説に決定、RIZIN大阪から駆けつける

10/11(金) 15:19配信

イーファイト

 10月13日(日)に東京・両国国技館で開催されるONE Championship 100回記念大会『ONE: CENTURY 世紀』。インターネットテレビ局「AbemaTV」で放送される完全生中継の第1部に、総合格闘家の堀口恭司が解説者として緊急決定した。

【フォト】電光石火のフロントチョークを決めるDJ

 堀口選手は前日に大阪で行われる「RIZIN.19」から、急遽両国に駆けつけることとなる。第1部は午前9時開始、終了は14時予定。12日は台風の影響でJR東海では東京ー名古屋間を全日運休、ONEの試合がある翌13日は台風の影響が弱まって安全確認ができれば運転を開始する予定だが、列車の本数を減らしたり、運転を取りやめたりする場合もあるとしている。
 果たして堀口は第1部の放送中に間に合うのか。

 第1部のセミファイナルには、フライ級ワールドグランプリ決勝でデメトリアス・ジョンソン(アメリカ)vsダニー・キンガッド(フィリピン)の一戦がある。
 DJこと、デメトリアス・ジョンソンは、かつて堀口がUFCで惜しくも一本負けを喫した相手。そのDJの試合を堀口が解説するとさらに深い内容が期待される。

 さらにメインは「ONE女子アトム級世界タイトルマッチ」のアンジェラ・リー(シンガポール)vsション・ジンナン(中国)、日本人選手は、第3試合に先陣を切って第5代フライ級キング・オブ・パンクラシストの仙三、同じくパンクラスで名を挙げた若松佑弥や元UFC戦士の岡見勇信、そして女子の一戦では「AbemaTV」の格闘ドキュメンタリー番組『格闘代理戦争3rdシーズン』の優勝者である平田樹がONE2連勝に挑む。

 また、優勝賞金1億円がかかったライト級世界グランプリ決勝戦では、クリスチャン・リー(シンガポール)vsザイード・フセイン・アサラナリエフ(トルコ)が対戦。
 この数々の激闘を、堀口はどう読み解くのか注目される。

 午後4時から開始する第2部では、RISE世界フェザー級王者の那須川天心が解説者として出演決定している。

■AbemaTV完全生中継『ONE Championship 日本大会』概要
放送日時:10月13日(日)午前8時~夜11時(予定)
放送チャンネル:格闘チャンネル
※試合延長などにより、放送時間が変更になる可能性あり

最終更新:10/11(金) 15:31
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事