ここから本文です

ビッグ・シーフ、2020年5月に待望の初来日公演を開催

10/11(金) 14:08配信

CDジャーナル

ビッグ・シーフ、2020年5月に待望の初来日公演を開催

ビッグ・シーフ、2020年5月に待望の初来日公演を開催

 10月11日(金)にニュー・アルバム『Two Hands』を発表するインディ・フォーク・ロック・バンド、ビッグ・シーフ(Big Thief)が2020年5月に初の来日公演を行ないます。日程は5月7日(木)東京・渋谷 WWW X、5月8日(金)大阪・梅田 SHANGRI-LA。チケットの価格や販売スケジュールなどは後日発表されます。

 ビッグ・シーフは2015年結成。ヴォーカリストでソングライターのエイドリアン・ランカーを中心にした4人組で、米ブルックリンを拠点に活動しています。サドルクリークから2016年にデビュー・アルバム『マスターピース』を発表。2017年発表のシングル「Mythological Beauty」とセカンド・アルバム『キャパシティ』で注目の存在となり、アルバムは多くのメディアで2017年のベスト・アルバムに選出されました。

 名門レーベルの4ADに移籍後、2019年5月に『U.F.O.F』を発表。10月にその姉妹盤とも言える『Two Hands』を発表しています。

Photo by Dustin Condren

最終更新:10/11(金) 14:08
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事