ここから本文です

エネイブル、ヴァルトガイスト、クリスタルオーシャンが首位タイに/ロンジンワールドベストレースホースランキング

10/11(金) 15:18配信

netkeiba.com

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」(LWBRR)が発表された。

 今回の中間発表は2019年1月1日から10月6日までに実施された世界の主要レースが対象で、新たに凱旋門賞、ジョッキークラブゴールドC、セレブレイションC、ジョエルSなどが加わった。

 ランキングトップはエネイブル、ヴァルトガイスト、クリスタルオーシャンの3頭で128ポンド。前回単独1位だったエネイブルに、凱旋門賞でエネイブルを破ったヴァルトガイスト、キングジョージ2着のレーティングが上方修正されたクリスタルオーシャンの2頭が順位を上げて、並ぶ形となった。

 第4位はビューティージェネレーション。前回125ポンドの4位タイから順位は変わらないが、香港のセレブレイションCをトップハンデで快勝し、127ポンドに評価を上げた。

 第5位は、前回第3位だったガイヤースで126ポンド、第6位タイはバターシュ、ベンバトル、シティオブライト、ウィンクスの4頭で125ポンド。

 日本調教馬はブラストワンピースとウインブライトの2頭が掲載。レーティングは前回と変わらず120ポンドだが、順位は第20位タイから第24位タイに後退している。

(JRAのホームページより)

最終更新:10/11(金) 15:18
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事