ここから本文です

【秋華賞】ビーチサンバ「友道康夫厩舎×福永祐一騎手」は直近1年の複勝率64%/データ分析(ゴールデンコンビ編)

10/11(金) 17:10配信

netkeiba.com

【友道康夫厩舎×福永祐一騎手(ビーチサンバ)】

 友道康夫厩舎といえば、神戸新聞杯の際に武豊騎手とのコンビを「ゴールデンコンビ」として取り上げたが、福永祐一騎手とのコンビも負けてはいない。武豊騎手が「厳選の勝負騎手」であるとすれば、福永祐一騎手は「最も頼れる主戦」という表現が適切だろう。「直近5年」で109回の騎乗は藤岡康太騎手、岩田康誠騎手に次ぐ3番目。しかし複勝率および複勝回収率が、藤岡康太騎手が29.6%と65.6%、岩田康誠騎手37.1%、66.5%であるのに対して、福永祐一騎手のそれは56.0%と108.8%。好走率、回収率ともに福永祐一騎手が大きく上回っている。

「直近1年」でも複勝率64.0%、複勝回収率104.8%となっており、好走率はさらに上がり、複勝回収率も100%超えをキープ。引き続き、高い馬券妙味を保っていることが分かる。ビーチサンバとはローズSでも6番人気2着と激走を果たしているが、今回も手頃な人気にとどまりそう。このコンビの「激走スポット」にハマっている印象だ。

最終更新:10/11(金) 17:10
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事