ここから本文です

太古の生物の化石展示 函南・月光天文台

10/11(金) 8:38配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 函南町の月光天文台で12月25日まで、第75回特別展「海のふしぎな生きもの化石展」が開かれている。太古の生物の化石など90点以上を紹介している。

 同展の目玉は、古代魚クシファクティヌスの化石のレプリカ。鋭い顔つきから「ブルドッグフィッシュ」の異名で知られ、迫力に圧倒される来場者も多い。

 5億4千万年前の三葉虫の化石や、4億年前から現在まで姿がそのままの「生きた化石」として知られるウミユリの化石と実物標本も展示した。オウムガイの先祖、硬骨魚の仲間の化石など同天文台が40年かけて収集し、保管している貴重な資料が並ぶ。

静岡新聞社

最終更新:10/11(金) 8:38
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事