ここから本文です

赤ちゃんへの愛、詩集に 静岡県東部の子育て団体「ママとね」

10/11(金) 8:39配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県東部の子育て支援グループ「ママとね」は10日、母親らがつづる赤ちゃんへの「愛のメッセージ」をまとめた詩集「トツキトウカ SHIZUOKA EAST2019」を2万部発行し、母子手帳を交付する東部20市町の担当課などで配布を始めた。

 妊娠中から1歳の誕生日を迎えるまでの子供を持つ両親や祖父母が寄せた120のメッセージのうち、グループ内で選考した19点を冊子にまとめた。産まれてくる我が子の待ち遠しさや、初めて出会った時の喜び、感謝の気持ちなどを記している。育児休暇を取得しようとする夫の言葉に「家族がより一つになった気がする」との思いや、にぎやかで大変な中にも「こんな毎日が、実は幸せ」とつづった作品も掲載した。

 トツキトウカの発行は今年で6年目。各市町のほか、協力する医療施設や企業など230カ所でも受け取れる。ママとねの中島あきこ代表は「子育てには大変なこともある。言葉を通じて思いを共有し、孤独ではないことを感じてほしい」と話した。

静岡新聞社

最終更新:10/11(金) 8:39
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事