ここから本文です

高嶺の花に恋した負け犬男…シャーリーズ・セロン出演作「ロング・ショット」公開

10/11(金) 10:00配信

映画ナタリー

シャーリーズ・セロンとセス・ローゲンが共演するラブコメディ「Long Shot」が「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」の邦題で、2020年1月3日に公開される。

本作は、アメリカの国務長官として活躍する才色兼備なシャーロットと、うだつの上がらないジャーナリスト・フレッドの恋を描く物語。大統領選への出馬を控えるシャーロットから選挙のスピーチ原稿作りを依頼されたフレッドは、彼女とともに行動するうちに高嶺の花と知りながらも恋に落ちてしまう。セロンがシャーロット役、ローゲンがフレッド役で出演したほか、2人は製作と脚本の練り直しも担当した。監督は「50/50 フィフティ・フィフティ」のジョナサン・レヴィン。

キャストには、アイス・キューブの息子であるオシェア・ジャクソン・Jrや、「猿の惑星」シリーズで知られるアンディ・サーキスも名を連ねた。また「ターザン:REBORN」のアレクサンダー・スカルスガルド、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のボブ・オデンカークも出演する。あわせて公開されたポスタービジュアルでは、シャーロットとフレッドの姿に「世界を股にかける国務長官」「金なし、地位なし、ファッションセンスなし」という紹介文が添えられた。

「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」は東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開。

(c)2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.

最終更新:10/11(金) 10:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事