ここから本文です

フッカー堀江13日決戦「めちゃめちゃ嫌」台風一過の強風を警戒 W杯初の試合中止

10/11(金) 7:30配信

デイリースポーツ

 ラグビー国際統括団体のワールドラグビー(WR)とW杯組織委員会が10日、東京都内で会見し、台風19号の接近に伴い12日のイングランド-フランス戦(横浜・日産スタジアム)、ニュージーランド-イタリア戦(愛知・豊田スタジアム)の1次リーグ2試合の中止を発表した。引き分け扱いとなり、勝ち点2が与えられる。W杯の中止は史上初。また13日の日本-スコットランド戦(日産スタジアム)を含む4試合については台風通過後の安全性を調査して、試合当日に開催可否判断することになった。

 繰り広げられてきた熱い戦いに、史上最強クラスの台風が水を差した。WR、組織委に天候の専門家、開催都市、会場を交えて連日行われてきた会議は、この日の午前中まで行われた。12日の2試合の中止、日本が迎える大一番も当日の朝判断されることになった。

 W杯史上初の中止。大会統括責任者も務めるWRのアラン・ギルピン最高執行責任者(COO)は「すべての方の安全を優先した判断」と苦渋の決断を明かす。会場変更などの措置についても「1次リーグの試合に関して、試合会場の変更をしないという規定に基づく」と説明した。

 この結果、対象の4チームは引き分け扱いで勝ち点2が入り、8強進出の可能性を残していたB組のイタリアは敗退が決定。また、チケットは全額返金される。経済的損失に関して組織委の嶋津昭事務総長は「興行中止保険には加入をしております。中止にしたとしても一定の割合でカバーされる」と話した。

 台風通過後の試合となる日本戦への影響も出た。嶋津事務総長は「安全性を十分に調査した上、試合開催の可否を直前、その日の朝、早いうちに判断したい」と開催可否決定を当日の朝に設定した。

 日本にとっては試合に向けた調整面にも支障が出る。試合前日の12日は都内で午前中に練習する予定だが、チーム関係者は「風速20メートル以上だとゴールを外さないといけない」と説明。室内練習場の確保にも努めるが「そもそも外出できるかどうか」と困惑する。

 フッカー堀江は「試合に勝って、ベスト8入りしたいと思ってる。それ以外は考えていないです」ともちろん試合開催、そして勝利に向けて集中する思いを明かした。一方で試合に向け、ラインアウトのスロワーとして台風一過の強風を警戒。「めちゃめちゃ嫌ですね。環境によって、プランをマイナーチェンジする。そのときの環境をみて、ロック陣と話をしたい」と戦術面の影響も口にした。

 「けっこうでかい台風なので、日本の国民の皆さま、気を付けてほしいと思います」。台風がもたらす多くの不確定要素がある中で、その被害にも気を配っていた。

最終更新:10/11(金) 7:42
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事