ここから本文です

大型台風接近で異例措置 最終日は女子ツアー史上初の無観客試合に

10/11(金) 18:07配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<スタンレーレディス 初日◇11日◇東名カントリークラブ(静岡県)◇6572ヤード・パー72>

すでにこんな豪雨にコースは見舞われました…【大会ライブフォト】

台風19号の接近により、明日12日(土)の競技を中止にすることが決まった「スタンレーレディス」。瞬間最大風速70m/秒が予想されている、未曾有(みぞう)の大型台風接近にともない、第1ラウンドが行われた11日(金)には異例の措置がとられた。

まず、出場選手全員に対してクラブハウスの完全撤収、そして精算が求められた。この日47位タイ未満の選手の予選カットが決まったが、日曜日に行われる第2ラウンド進出を決めた選手もクラブハウスから荷物を引きあげるなどの動きを取ることになった。

また第1ラウンド終了後には会場に設置されたテントや、大型スコアボードの解体が行われ骨組みだけに。被害を最小限に食い止めつつ、13日(日)にすぐに復旧できるようにという判断が下された。そして12日は、東名カントリークラブは関係者含め入場不可に。すでにギャラリーの入場を不可としていたが、選手を含めた関係者の入場も制限された。

11日の午後5時には、12日以降のギャラリーに関するアナウンスも出された。現段階では13日の競技方法や、そもそも競技自体を行うかも含め、すべては天候やコース状況に委ねられることになるが、最終ラウンドを実施した場合も、ギャラリーの入場は不可という決断がくだった。

男子ツアーでは、2012年の「コカ・コーラ東海クラシック」最終日が、台風の影響で安全面を考慮し無観客試合となったことがあるが、女子ツアーで初めてのこと。大会実行委員会は「観戦を楽しみにしていますファンの皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解をお願いいたします」とコメントしている。

13日(日)の競技については、18ホールのプレーを目指しているが、プレー人数、ホール数についても状況を見てこれから決定される。現在の想定だと、状況の確認ができるのが13日の早朝となっており、確認次第、LPGAの公式ホームページなどでアナウンスしていくという。

とにもかくにも選手を含めた全員、そしてコースの安全を祈るばかりだ。(文・秋田義和)

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/11(金) 18:07
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事