ここから本文です

<時効警察はじめました>第2話メインゲストは向井理 吉岡里帆と久々再会も「いまだに目を見てくれなくて…」

10/12(土) 0:15配信

まんたんウェブ

 俳優の向井理さんが、オダギリジョーさんや麻生久美子さんらが出演するコメディーミステリードラマ「時効警察はじめました」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)の第2話(10月18日)でメインゲストを務めることが10月12日、分かった。時効となった事件で父親を殺された、“ミステリーの貴公子”ことミステリー作家の日下部秋斗を演じる。

【写真特集】向井理がアイドル小説家に 時効警察らしい怪しげな風貌…

 向井さん演じる秋斗は、小説がすべてベストセラーになり、写真集やCDなども出すほどの人気者……というキャラクター。向井さんは「最初のシーンからアイドル的要素があるので、演じるにあたっては、そっちを強めに意識しました。もうよく分からない設定の役柄に(笑い)、真面目に取り組んでいますので、ぜひご覧ください」とアピールしている。

 オダギリさんとは2014年の連続ドラマ「S -最後の警官-」、麻生さんとは映画「小野寺の弟・小野寺の姉」(2014年)、吉岡里帆さんとは連続ドラマ「きみが心に棲みついた」(18年)で、それぞれ共演している。

 吉岡さんについて、向井さんは「(「きみが心に棲みついた」で)僕がものすごくひどい役だったので、吉岡さんもいまだに目を見てくれなくて……(苦笑い)。今回『おはようございま~す』とあいさつしたときも、伏し目がちで、ちょっとトラウマを植え付けてしまったのかな……と申し訳なくて……」と振り返っていた。

 「時効警察」は、時効が成立した事件にスポットを当てたコメディーミステリー。総武警察署時効管理課の警察官である霧山修一朗(オダギリさん)が交通課の三日月しずか(麻生さん)らを巻き込んで、“趣味”で時効が成立した事件を捜査する姿を描く。

 第2話の脚本は福田雄一さんと田中眞一さん、監督は塚本連平さんが担当する。

 ◇向井理さんのコメント

 ――「時効警察はじめました」への出演が決まったときの気持ちをお聞かせください。

 「時効警察」は一視聴者として楽しんでいた作品で、「ドラマってこんなにふざけていいんだな!」と衝撃を受けた作品でもありました。あまり見たことのないテイストのドラマだったので、うらやましいなっていう思いもありましたね。当時は女性ゲストが多かったので、オファーをいただいたときは意外でした。

1/2ページ

最終更新:10/12(土) 0:15
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事