ここから本文です

オハッド・ナハリンが芸術監督退任前、最後の作品「Venezuela-ベネズエラ」

10/11(金) 14:01配信

ステージナタリー

バットシェバ舞踊団 / オハッド・ナハリン「Venezuela-ベネズエラ」が2020年3月13日から15日に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホールにて上演される。

【写真】バットシェバ舞踊団 / オハッド・ナハリン「Venezuela-ベネズエラ」より。(Photo:Ascaf Avraham)(メディアギャラリー他6件)

本作は2017年にイスラエルにて初演された、オハッド・ナハリンの演出・振付作品。2018年にバットシェバ舞踊団の芸術監督を退任したナハリンの、同舞踊団で退任前最後の作品となり、パワフルかつ繊細な作品世界が繰り広げられる。また、振付家自身の別名、マキシム・ワラット名義で手がけられたサウンドトラックが用いられ、グレゴリオ聖歌からノートリアス・B.I.G.のラップに至るまで、時代や文化の横断した楽曲が披露される。

上演時間は休憩なしの約1時間20分を予定。チケットは12月7日に発売。

■ バットシェバ舞踊団 / オハッド・ナハリン「Venezuela-ベネズエラ」
2020年3月13日(金)~15日(日)
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

演出・振付:オハッド・ナハリン
出演:バットシェバ舞踊団

最終更新:10/11(金) 14:01
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事